2009年01月07日

IPA職員私物PC情報流出事故に関するIPAのプレス発表

IPA(独立行政法人情報処理推進機構)職員私物PCからの情報流出事故について、昨日IPAがプレス発表を行いました。内容は以下の通りです。

独立行政法人 情報処理推進機構 2009年1月6日
プレス発表 当機構職員の私物パソコンによる情報流出について
http://www.ipa.go.jp/about/press/20090106.html
1.経緯
 当機構職員(2005年7月採用)が自宅において、保有する私物のパソコンで昨年12月にファイル交換ソフトを使用した結果、コンピュータウイルスに感染し、パソコン内の情報が流出したという事実を1月4日、確認しました。その後、本人からの事実確認及び当該パソコンの解析を行い、現時点で、以下のような事実が判明しましたので、報告いたします。

2.流出情報関連
流出したファイル数:16,208 うち文書ファイル約13,000

(1)当機構業務関連情報
 ET2007での撮影写真、ソフトウェア・エンジニアリング・センター設立3周年記念での撮影写真等の画像情報のみであり、非公開の業務関連情報の流出は今のところ確認されていません。

(2)当該職員が当機構採用以前に所属していた企業の業務に関する情報
 数年前の情報であり当該職員の記憶も曖昧で、現在も当該職員と突合中ですが、業務関連データの流出が判明している企業数は10社程度。この情報の中には個人情報も含まれています。重複している個人情報もあるので正確な数字は把握できていませんがその数は1万件を超すものと推定しております。
 なお、これらの情報は当機構のものではないので、企業名等の公表は差し控えさせていただきます。現在、当該職員とともに、情報の内容・関係企業を解明しており、順次、情報流出が判明した企業に連絡し、その対応をサポートしているところです。

3.ダウンロード情報関連
 当該職員からの聴取及び当該パソコンのこれまでの解析により、かな漢字変換ソフトやいわゆるわいせつ画像を検索し、その一部をダウンロードしたことを確認しました。本人の私物パソコンの解析については引き続き行っているところです。

4.今後の対応
 当機構は、セキュリティ対策を推進しており、ファイル交換ソフトの利用の危険性についてもかねてから注意喚起を行ってきたところであり、今般このような事態が発生したことについて陳謝申し上げるとともに、今後は職員の私物パソコンにおけるファイル交換ソフトの使用を禁止するなど再発の防止に全力を尽くしてまいります。
 なお、当該職員の処分については、流出情報の全容が判明した時点で、決定することにしております。

以上
しっかりしてくれよ・・・。

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)
http://www.ipa.go.jp/

posted by 公爵 at 09:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社・組織 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月06日

IPA職員の私物PCから情報流出!

IPA(独立行政法人情報処理推進機構)職員の私物PCから情報流出があった模様です。しかも、原因は世間であれだけ騒がれてるファイル交換ソフト「Share」である模様です。

Yahoo!ニュース 1月5日17時39分配信(ITmediaニュース)
IPA職員の私物PCから情報流出 「Share」経由か
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090105-00000050-zdn_n-sci
 情報処理推進機構(IPA)は1月4日、職員が私物PCでファイル交換ソフトを使用してウイルスに感染し、同職員のプライベート写真や友人のメールアドレスなどが流出したと発表した。

 流出の原因となったソフトは「おそらくShare」(IPA広報部)で、流出したのは12月ごろとみられる。情報の中には、「IPAフォーラム」表彰式の写真があったが、IPAの業務関連の非公開情報は含まれていないという。

 1月4日に一般のネットユーザーからWebサイトの問い合わせページで指摘を受けて発覚した。IPAは、職員が業務用PCでファイル交換ソフトを使用することを禁止し、私物PCでも使わないよう注意喚起してきたが、同職員の私物PCにはShareのほか「Winny」もインストールされていたという。

 IPAは、情報セキュリティ対策の推進やIT関連の人材育成などを行う独立行政法人で、「Winny」を介した情報漏えいに関する電話相談窓口も開設している。「陳謝申し上げるとともに、再発の防止に全力を尽くす」としている。
独立行政法人 情報処理推進機構 2009年1月4日掲載 2009年1月5日更新
IPA職員の私物パソコンによる情報流出について
http://www.ipa.go.jp/about/oshirase/20090104.html
 当機構職員が自宅において保有する私物のパソコンでファイル交換ソフトを使用した結果、コンピュータウイルスに感染し、パソコン内の情報が流出したという事実を確認しました。
 これにより、当該職員に関わる個人情報等や一部の公開画像が流出したと見られます。他方、これまでの調査では、当機構の業務関連の非公開情報は含まれておりませんが、さらに確認を行っているところです。
 当機構は、情報セキュリティ対策を推進しており、ファイル交換ソフトの利用の危険性についてもかねてから注意喚起を行ってきたところです。今般このような事態が発生したことについて、陳謝申し上げるとともに、職員の私物パソコンにおけるファイル交換ソフトの使用を禁止するなど、再発の防止に全力を尽くしてまいります。
情けない限りですね。猛省して頂きたいものです。

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)
http://www.ipa.go.jp/

posted by 公爵 at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社・組織 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月04日

Google Page Rank(20090104)

連合公国サウスアイランド公国東ブログブルク公国西ブログブルク公国The Duchy of Mangrove南アラバ公国北アラバ公国ネイヴァルランド公国フォトランド公国リバーサイド公国)を構成する全サイトのページビューGoogle Page Rank(グーグル・ページランク)です。なお、数値の比較は前回調査した2008年9月29日と、この記事を書いている2009年1月4日現在で行っております。また、ページビューは各サイトの「FC2アクセスカウンター」の数値を用いております。

サウスアイランド公国
  http://www.h3.dion.ne.jp/~duke/
  サイト開設日:2002年5月12日
  トータルページビュー数:46,938(+5,379)
  Google Page Rank:2(+-0)

東ブログブルク公国
  http://blogs.dion.ne.jp/duke/
  サイト開設日:2004年8月31日
  トータルページビュー数:488,952(+24,569)
  Google Page Rank:3(+-0)

西ブログブルク公国
  http://westblogburg.blog37.fc2.com/
  サイト開設日:2005年11月17日
  トータルページビュー数:273,199(+12,719)
  Google Page Rank:3(+1)

The Duchy of Mangrove
  http://mangrove.blog8.fc2.com/
  サイト開設日:2005年4月12日
  トータルページビュー数:116,235(+2,890)
  Google Page Rank:2(-1)

南アラバ公国
  http://margrave.seesaa.net/
  サイト開設日:2005年8月4日
  トータルページビュー数:193,547(+15,866)
  Google Page Rank:2(+-0)

北アラバ公国
  http://northaraba.blog17.fc2.com/
  サイト開設日:2008年6月22日
  トータルページビュー数:14,862(+8,930)
  Google Page Rank:3(+1)

ネイヴァルランド公国
  http://navalland.seesaa.net/
  サイト開設日:2005年9月30日
  トータルページビュー数:183,221(+3,733)
  Google Page Rank:2(+-0)

フォトランド公国
  http://i-bbs.sijex.net/duke/
  サイト開設日:2005年11月8日
  トータルページビュー数:8,891(+385)
  Google Page Rank:2(+-0)

リバーサイド公国
  http://astore.amazon.co.jp/theblogdomini-22
  サイト開設日:2006年9月17日
  トータルページビュー数:不明(アクセスカウンター設置不可)
  Google Page Rank:不明(Page Rankの情報を利用できません)

今回の調査で注目すべきところが1点あります。IT関連ブログ「南アラバ公国」のGoogle Page Rankが「2(+-0)」のままであるのに対し、全く同じ内容のIT関連ブログ「北アラバ公国」のGoogle Page Rankが「3(+1)」にアップしたことです。

北アラバ公国」は「南アラバ公国」のバックアップサイトとして開設したブログで、記事の内容は全く同じです。しかし、「南アラバ公国」よりもBlog開設が3年も遅く、同一期間でのアクセス数も半分しかないのにGoogle Page Rank(グーグル・ページランク)が上位になってしまいました。考えられる原因は2つあります。

1.同じ内容、同じ記事数のBlogならば、開設期間が短いBlogの方が一定期間あたりの記事数が多くなり、Googleからは更新頻度の高いサイトと判断される。

2.「Seesaaブログ」よりも「FC2ブログ」の方がGoogleとの親和性が高い。

どちらが正解かは分かりませんが、新たにBlogを開設するならば、「FC2ブログ」の方がSEO対策上は良いのかも知れません(あくまで個人的意見です)。

posted by 公爵 at 08:09| Comment(0) | TrackBack(0) | SEO対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

連合公国アクセス状況(20090104)

我が連合公国サウスアイランド公国東ブログブルク公国西ブログブルク公国The Duchy of Mangrove南アラバ公国北アラバ公国ネイヴァルランド公国フォトランド公国リバーサイド公国)は、世界中から閲覧されております。どこの国からアクセスされているか、FC2アクセス解析の情報を元に調査しました。以下にその調査結果を示します。

<連合公国を構成するサイト>
・サウスアイランド公国
・東ブログブルク公国
・西ブログブルク公国
・The Duchy of Mangrove
・南アラバ公国
・北アラバ公国
・ネイヴァルランド公国
・フォトランド公国
・リバーサイド公国

主なリモートホストのトップレベルドメインは以下の通りです。
国名表記は「外務省Webサイト」の「各国・地域情勢」を参考にしています。
(今回新たに確認されたドメインにはアンダーラインを引いています。)
ae:アラブ首長国連邦(United Arab Emirates)
an:オランダ領アンティル
  (Netherlands Antilles:Territory of Netherlands)

ao:アンゴラ共和国(Republic of Angola)
ar:アルゼンチン共和国(Argentine Republic)
at:オーストリア共和国(Republic of Austria)
au:オーストラリア連邦(Australia)
aw:オランダ自治領アルバ(Aruba:Territory of Netherlands)
az:アゼルバイジャン共和国(Republic of Azerbaijan)
ba:ボスニア・ヘルツェゴビナ(Bosnia and Herzegovina)
be:ベルギー王国(Kingdom of Belgium)
bg:ブルガリア共和国(Republic of Bulgaria)
bm:イギリス領バミューダ諸島
  (Bermuda Islands:Territory of United Kingdom)
bn:ブルネイ・ダルサラーム国(Brunei Darussalam)
bo:ボリビア共和国(Republic of Bolivia)
br:ブラジル連邦共和国(Federative Republic of Brazil)
by:ベラルーシ共和国(Republic of Belarus)
ca:カナダ(Canada)
cc:オーストラリア連邦領ココス諸島/キーリング諸島
  (Cocos Islands/Keeling Islands:Territory of Australia)
ch:スイス連邦(Swiss Confederation)
cl:チリ共和国(Republic of Chile)
cn:中華人民共和国(People's Republic of China)
co:コロンビア共和国(Republic of Colombia)
cr:コスタリカ共和国(Republic of Costa Rica)
cy:キプロス共和国(Republic of Cyprus)
cz:チェコ共和国(Czech Republic)
de:ドイツ連邦共和国(Federal Republic of Germany)
dk:デンマーク王国(Kingdom of Denmark)
do:ドミニカ共和国(Dominican Republic)
ee:エストニア共和国(Republic of Estonia)
es:スペイン(Spain)
fi:フィンランド共和国(Republic of Finland)
fj:フィジー諸島共和国(Republic of the Fiji Islands)
fm:ミクロネシア連邦(Federated States of Micronesia)
fr:フランス共和国(French Republic)
gr:ギリシャ共和国(Hellenic Republic)
gt:グアテマラ共和国(Republic of Guatemala)
hk:香港(Hong Kong)
hr:クロアチア共和国(Republic of Croatia)
hu:ハンガリー共和国(Republic of Hungary)
id:インドネシア共和国(Republic of Indonesia)
ie:アイルランド(Ireland)
il:イスラエル国(State of Israel)
in:インド(India)
is:アイスランド共和国(Republic of Iceland)
it:イタリア共和国(Republic of Italy)
jp:日本国(Japan)
kh:カンボジア王国(Kingdom of Cambodia)
kr:大韓民国(Republic of Korea)
lb:レバノン共和国(Republic of Lebanon)
lt:リトアニア共和国(Republic of Lithuania)
lu:ルクセンブルク大公国(Grand Duchy of Luxembourg)
lv:ラトビア共和国(Republic of Latvia)
ma:モロッコ王国(Kingdom of Morocco)
mc:モナコ公国(Principality of Monaco)
md:モルドバ共和国(Republic of Moldova)
mm:ミャンマー連邦(Union of Myanmar)
mu:モーリシャス共和国(Republic of Mauritius)
mx:メキシコ合衆国(United Mexican States)
my:マレーシア(Malaysia)
nl:オランダ王国(Kingdom of the Netherlands)
no:ノルウェー王国(Kingdom of Norway)
np:ネパール(Nepal)
nz:ニュージーランド(New Zealand)
pf:フランス領ポリネシア(French Polynesia:Territory of French)
pg:パプアニューギニア独立国(Independent State of Papua New Guinea)
ph:フィリピン共和国(Republic of the Philippines)
pk:パキスタン・イスラム共和国(Islamic Republic of Pakistan)
pl:ポーランド共和国(Republic of Poland)
pt:ポルトガル共和国(Portuguese Republic)
py:パラグアイ共和国(Republic of Paraguay)
ro:ルーマニア(Romania)
ru:ロシア連邦(Russian Federation)
sb:ソロモン諸島(Solomon Islands)
se:スウェーデン王国(Kingdom of Sweden)
sg:シンガポール共和国(Republic of Singapore)
si:スロベニア共和国(Republic of Slovenia)
sk:スロバキア共和国(Slovak Republic)
st:サントメ・プリンシペ民主共和国
  (Democratic Republic of Sao Tome and Principe)
sv:エルサルバドル共和国(Republic of El Salvador)
sy:シリア・アラブ共和国(Syrian Arab Republic)
th:タイ王国(Kingdom of Thailand)
to:トンガ王国(Kingdom of Tonga)
tr:トルコ共和国(Republic of Turkey)
tt:トリニダード・トバゴ共和国(Republic of Trinidad and Tobago)
tv:ツバル(Tuvalu)
tw:台湾(Taiwan)
ua:ウクライナ(Ukraine)
uk:グレートブリテン及び北アイルランド連合王国
  (United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)
us:アメリカ合衆国(United States of America)
uy:ウルグアイ東方共和国(Oriental Republic of Uruguay)
vn:ベトナム社会主義共和国(Socialist Republic of Viet Nam)
yu:セルビア・モンテネグロ(Serbia and Montenegro)
za:南アフリカ共和国(Republic of South Africa)
aero:gTLD(航空関連組織)
biz:gTLD(ビジネス)
com:gTLD(営利組織)
coop:gTLD(協同組合)
edu:gTLD(教育機関)
gov:gTLD(アメリカ合衆国政府機関)
info:gTLD(多目的汎用ドメイン)
int:gTLD(国際組織)
mil:gTLD(アメリカ合衆国軍事機関)
net:gTLD(ネットワーク組織)
org:gTLD(非営利組織)
<公爵の独り言>
英語の記事があると海外からのアクセスが多くなります(The Duchy of Mangrove)。世界に情報を発信するにはやはり英語の記事が重要ですね。次はどこの国からアクセスされるのか楽しみです。
posted by 公爵 at 07:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 公国統治情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。