2009年09月22日

CRO

CRO」とは英語の「Chief Revenue Officer」の略称で、日本語で言えば「最高レベニュー責任者」、「最高販売責任者」、「最高売上責任者」を意味する言葉です。元々は英米系企業で使われていた肩書きですが、最近は日本企業でもよく使われていますね(私はあまり好きではありませんが)。日本企業で言えば、「販売担当取締役」、「売上担当取締役」、「販売部長」、「販売管理部長」、「売上部長」、「売上管理部長」に相当する肩書きだと思います。

企業役員の英語略称については以下の記事をご覧下さい。

南アラバ公国:企業役員の英語略称
http://margrave.seesaa.net/article/110839499.html

posted by 公爵 at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社・組織 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CVO

CVO」とは英語の「Chief Visionary Officer」の略称で、日本語で言えば「最高ヴィジョン策定責任者」、「最高ビジョン策定責任者」を意味する言葉です。元々は英米系企業で使われていた肩書きですが、最近は日本企業でもよく使われていますね(私はあまり好きではありませんが)。日本企業で言えば、「事業計画担当取締役」、「事業計画部長」に相当する肩書きだと思います。

企業役員の英語略称については以下の記事をご覧下さい。

南アラバ公国:企業役員の英語略称
http://margrave.seesaa.net/article/110839499.html

posted by 公爵 at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社・組織 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CSO

CSO」とは英語の「Chief Storage Officer」の略称で、日本語で言えば「最高ストレージ責任者」を意味する言葉です。英米系企業で使われている肩書きのようですが、分かりやすく言えば、コンピュータのストレージ(ハードディスク等の記憶媒体)を管理する最高責任者のことだと思います。

企業役員の英語略称については以下の記事をご覧下さい。

南アラバ公国:企業役員の英語略称
http://margrave.seesaa.net/article/110839499.html

posted by 公爵 at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社・組織 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CSO

CSO」とは英語の「Chief Safety Officer」の略称で、日本語で言えば「最高安全責任者」、「最高安全管理責任者」を意味する言葉です。元々は英米系企業で使われていた肩書きですが、最近は日本企業でもよく使われていますね(私はあまり好きではありませんが)。日本企業で言えば、「安全管理担当取締役」、「安全管理部長」に相当する肩書きだと思います。

企業役員の英語略称については以下の記事をご覧下さい。

南アラバ公国:企業役員の英語略称
http://margrave.seesaa.net/article/110839499.html

posted by 公爵 at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社・組織 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CSO

CSO」とは英語の「Chief Strategy Officer」の略称で、日本語で言えば「最高戦略責任者」を意味する言葉です。元々は英米系企業で使われていた肩書きですが、最近は日本企業でもよく使われていますね(私はあまり好きではありませんが)。

企業役員の英語略称については以下の記事をご覧下さい。

南アラバ公国:企業役員の英語略称
http://margrave.seesaa.net/article/110839499.html

posted by 公爵 at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社・組織 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CQO

CQO」とは英語の「Chief Quality Officer」の略称で、日本語で言えば「最高品質責任者」を意味する言葉です。元々は英米系企業で使われていた肩書きですが、最近は日本企業でもよく使われていますね(私はあまり好きではありませんが)。日本企業で言えば、「品質管理担当取締役」、「品質管理部長」に相当する肩書きだと思います。

企業役員の英語略称については以下の記事をご覧下さい。

南アラバ公国:企業役員の英語略称
http://margrave.seesaa.net/article/110839499.html

posted by 公爵 at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社・組織 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CPO

CPO」とは英語の「Chief Project Officer」の略称で、日本語で言えば「最高プロジェクト責任者」、「最高計画責任者」を意味する言葉です。元々は英米系企業で使われていた肩書きですが、最近は日本企業でもよく使われていますね(私はあまり好きではありませんが)。日本企業で言えば、「計画担当取締役」、「計画部長」、「プロジェクトマネージャ」に相当する肩書きだと思います。

企業役員の英語略称については以下の記事をご覧下さい。

南アラバ公国:企業役員の英語略称
http://margrave.seesaa.net/article/110839499.html

posted by 公爵 at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社・組織 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CPO

CPO」とは英語の「Chief Privacy Officer」の略称で、日本語で言えば「最高個人情報管理責任者」、「最高プライバシー管理責任者」を意味する言葉です。元々は英米系企業で使われていた肩書きですが、最近は日本企業でもよく使われていますね(私はあまり好きではありませんが)。

企業役員の英語略称については以下の記事をご覧下さい。

南アラバ公国:企業役員の英語略称
http://margrave.seesaa.net/article/110839499.html

posted by 公爵 at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社・組織 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CPO

CPO」とは英語の「Chief Production Officer」の略称で、日本語で言えば「最高生産管理責任者」、「最高製品責任者」を意味する言葉です。元々は英米系企業で使われていた肩書きですが、最近は日本企業でもよく使われていますね(私はあまり好きではありませんが)。日本企業で言えば、「生産管理担当取締役」、「製品管理担当取締役」、「生産管理部長」、「製品管理部長」に相当する肩書きだと思います。

企業役員の英語略称については以下の記事をご覧下さい。

南アラバ公国:企業役員の英語略称
http://margrave.seesaa.net/article/110839499.html

posted by 公爵 at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社・組織 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CPO

CPO」とは英語の「Chief People Officer」の略称で、日本語で言えば「最高人材活用責任者」を意味する言葉です。元々は英米系企業で使われていた肩書きですが、最近は日本企業でもよく使われていますね(私はあまり好きではありませんが)。日本企業で言えば、「人事担当取締役」、「人事部長」に相当する肩書きだと思います。

企業役員の英語略称については以下の記事をご覧下さい。

南アラバ公国:企業役員の英語略称
http://margrave.seesaa.net/article/110839499.html

posted by 公爵 at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社・組織 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CNO

CNO」とは英語の「Chief Network Officer」の略称で、日本語で言えば「最高ネットワーク責任者」を意味する言葉です。元々は英米系企業で使われていた肩書きですが、最近は日本企業でもよく使われていますね(私はあまり好きではありませんが)。日本企業で言えば、「ネットワーク担当取締役」、「ネットワーク部長」に相当する肩書きだと思います。

企業役員の英語略称については以下の記事をご覧下さい。

南アラバ公国:企業役員の英語略称
http://margrave.seesaa.net/article/110839499.html

posted by 公爵 at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社・組織 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CLO

CLO」とは英語の「Chief Learning Officer」の略称で、日本語で言えば「最高学習責任者」を意味する言葉です。元々は英米系企業で使われていた肩書きですが、最近は日本企業でもよく使われていますね(私はあまり好きではありませんが)。

企業役員の英語略称については以下の記事をご覧下さい。

南アラバ公国:企業役員の英語略称
http://margrave.seesaa.net/article/110839499.html

posted by 公爵 at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社・組織 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CLO

CLO」とは英語の「Chief Logistics Officer」の略称で、日本語で言えば「最高ロジスティクス責任者」を意味する言葉です。元々は英米系企業で使われていた肩書きですが、最近は日本企業でもよく使われていますね(私はあまり好きではありませんが)。日本企業で言えば、「物流担当取締役」、「流通担当取締役」、「物流部長」、「流通部長」に相当する肩書きだと思います。

企業役員の英語略称については以下の記事をご覧下さい。

南アラバ公国:企業役員の英語略称
http://margrave.seesaa.net/article/110839499.html

posted by 公爵 at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社・組織 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CHO

CHO」とは英語の「Chief Human resource Officer」の略称で、日本語で言えば「最高人事責任者」を意味する言葉です。元々は英米系企業で使われていた肩書きですが、最近は日本企業でもよく使われていますね(私はあまり好きではありませんが)。日本企業で言えば、「人事担当取締役」、「人事部長」に相当する肩書きだと思います。

企業役員の英語略称については以下の記事をご覧下さい。

南アラバ公国:企業役員の英語略称
http://margrave.seesaa.net/article/110839499.html

posted by 公爵 at 01:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社・組織 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CDO

CDO」とは英語の「Chief Development Officer」の略称で、日本語で言えば「最高開発責任者」を意味する言葉です。元々は英米系企業で使われていた肩書きですが、最近は日本企業でもよく使われていますね(私はあまり好きではありませんが)。日本企業で言えば、「開発担当取締役」、「開発部長」に相当する肩書きだと思います。

企業役員の英語略称については以下の記事をご覧下さい。

南アラバ公国:企業役員の英語略称
http://margrave.seesaa.net/article/110839499.html

posted by 公爵 at 01:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社・組織 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月21日

CCO

CCO」とは英語の「Chief Communication Officer」の略称で、日本語で言えば「最高コミュニケーション責任者」を意味する言葉です。元々は英米系企業で使われていた肩書きですが、最近は日本企業でもよく使われていますね(私はあまり好きではありませんが)。

企業役員の英語略称については以下の記事をご覧下さい。

南アラバ公国:企業役員の英語略称
http://margrave.seesaa.net/article/110839499.html

posted by 公爵 at 01:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社・組織 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CBO

CBO」とは英語の「Chief Business Officer」の略称で、日本語で言えば「最高業務責任者」を意味する言葉です。元々は英米系企業で使われていた肩書きですが、最近は日本企業でもよく使われていますね(私はあまり好きではありませんが)。

企業役員の英語略称については以下の記事をご覧下さい。

南アラバ公国:企業役員の英語略称
http://margrave.seesaa.net/article/110839499.html

posted by 公爵 at 01:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社・組織 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CBO

CBO」とは英語の「Chief Branding Officer」の略称で、日本語で言えば「最高ブランド責任者」を意味する言葉です。元々は英米系企業で使われていた肩書きですが、最近は日本企業でもよく使われていますね(私はあまり好きではありませんが)。

企業役員の英語略称については以下の記事をご覧下さい。

南アラバ公国:企業役員の英語略称
http://margrave.seesaa.net/article/110839499.html

posted by 公爵 at 01:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社・組織 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月20日

CAO

CAO」とは英語の「Chief Accounting Officer」の略称で、日本語で言えば「最高会計責任者」を意味する言葉です。元々は英米系企業で使われていた肩書きですが、最近は日本企業でもよく使われていますね(私はあまり好きではありませんが)。日本企業で言えば、「経理担当取締役」、「財務担当取締役」、「経理部長」、「財務部長」に相当する肩書きだと思います。

企業役員の英語略称については以下の記事をご覧下さい。

南アラバ公国:企業役員の英語略称
http://margrave.seesaa.net/article/110839499.html

posted by 公爵 at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社・組織 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CCO

CCO」とは英語の「Chief Compliance Officer」の略称で、日本語で言えば「最高コンプライアンス責任者」、「最高遵法責任者」を意味する言葉です。元々は英米系企業で使われていた肩書きですが、最近は日本企業でもよく使われていますね(私はあまり好きではありませんが)。

企業役員の英語略称については以下の記事をご覧下さい。

南アラバ公国:企業役員の英語略称
http://margrave.seesaa.net/article/110839499.html

<公爵の独り言>
コンプライアンス(法令遵守)なんて本当は出来て当たり前のことなんですけどね・・・。でも、わざわざ責任者を立てると言うことは・・・。

posted by 公爵 at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社・組織 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。