2012年07月01日

ファーストサーバのトラブルで情報漏洩も発生!

先日大規模データ消失事故を起こしたファーストサーバで、データ消失だけでなくデータの漏洩も発生していることが判明したそうです。

RBB TODAY 2012年6月29日(金) 21時46分
ファーストサーバのトラブル、情報漏えいも発生していることが判明
http://www.rbbtoday.com/article/2012/06/29/91121.html
 ファーストサーバは29日21時過ぎ、20日に発生した大規模障害の復旧作業において、ユーザーデータが混在し、一部で情報漏えいが発生した可能性があると発表した。

 対象サーバー数は103台で、最大2,308ユーザー(法人、非法人の契約者数)分の復元データの一部が、同じく障害の影響を受けた145ユーザーのデータ領域に混在した可能性があることを確認した。なお1ユーザーあたりの混在先は最大で6ユーザー。

 現在精査を進めているとともに、データが混在した可能性があるユーザーに対して個別に連絡を行い、同社が提供した復元ファイルの削除を依頼するとしている。
損害賠償も、今まで支払った利用料金を上限に賠償するとか言っていますし、何もかもが最悪ですね。こんな対応でビジネスが出来るならボロ儲けですね。

ファーストサーバ
http://www.fsv.jp/


posted by 公爵 at 02:15| Comment(0) | TrackBack(0) | サーバ構築技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スパコン「京」完成

理化学研究所と富士通が共同開発していたスーパーコンピューター「京」が完成したそうです。

YOMIURI ONLINE(読売新聞) 2012年6月29日20時02分
スパコン「京」完成、計算速度は毎秒1京回超す
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20120629-OYT1T01088.htm
 理化学研究所と富士通が共同開発していたスーパーコンピューター「京(けい)」(神戸市)が29日、完成した。

 9月末に本格的な運用が始まる予定で、世界最高レベルのスパコンが生み出す成果に期待が高まる。

 京の計算速度は毎秒1京(1兆の1万倍)回を超え、一般企業で利用されるスパコンの約1000倍に達する。最新の世界ランキングでは2位だったが、研究開発にかかる時間が大幅に短縮され、高い精度の想定実験も可能になる。

 京を運用する理研計算科学研究機構の平尾公彦機構長は「プロジェクト開始から7年目で完成を迎えた。医療や減災分野などで『京を使ってこんなことができる』という成果を早く見せたい」と抱負を語った。
これからいよいよ実用です。実績を出して欲しいですね。


posted by 公爵 at 02:04| Comment(0) | TrackBack(0) | サーバ構築技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。