2009年06月09日

ターミネーター

ターミネーター(Terminator)」とは、アーノルド・シュワルツェネッガー主演のSFアクション映画です。「ででんでんででん!(笑)」。と言いたいところですが、IT業界において「ターミネーター」と言うと、コンピュータに周辺機器をケーブルで数珠繋ぎにした時、最後尾の周辺機器に取り付ける「終端装置」のことを指します。「終端」、「終端抵抗」、「終端抵抗装置」とも呼ばれます。

<接続イメージ>
[コンピューター]--[機器1]--[機器2]--[機器3]--[機器4][ターミネーター]

ターミネーター」は、身近なところではSCSIインターフェースを使用する周辺機器で良く用いられています。また、かつては必ずSCSI機器の終端に「ターミネーター」を付けておりましたが、最近では「ターミネーター」機能を内蔵しているSCSI機器も多く、終端のSCSI機器の「ターミネーター」機能をスイッチで有効にするだけだったり、SCSI機器自体が自動的に終端を検出して、「ターミネーター」機能を自動的に有効にしたりするそうです。

なお、「ターミネーター」はSCSI機器の他、10BASE-2など数珠繋ぎの配線になるネットワークの終端にも用いられます(もちろんSCSIのターミネーターと形状は違います)。

<公爵の独り言>
そういえば一昨日(2009年6月7日日曜日)の日曜洋画劇場は、映画「ターミネーター4」公開記念と言うことで映画「ターミネーター3」を放送していましたね。まぁ、それを見て思わずこの記事を書いてしまったのですが・・・。ベタですみません。

posted by 公爵 at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | サーバ構築技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/121118294
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。