2009年11月03日

米国防総省が「気球探しゲーム」を実施

米国防総省のDARPA(国防高等研究計画局)が、インターネット誕生40周年を記念して、インターネットを駆使した「気球探しゲーム」を実施するそうです。

ITmedia News 2009年11月02日 16時37分
ネットの力で気球を探せ――米国防総省がインターネット40周年記念ゲーム
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0911/02/news057.html
 国防総省の「Network Challenge」は、インターネットで情報や仲間を集めて、どこかに設置された10個の気球を探し出すゲームだ。

 米国防総省のDARPA(国防高等研究計画局)は10月29日、インターネット誕生40周年を記念して、ネットを駆使した「気球探しゲーム」を実施すると発表した。ネットユーザーの参加を募っている。

 このゲーム「Network Challenge」は、DARPAが米国のどこかに設置する10個の気象観測気球の正確な位置を特定するというもの。最初に気球の場所を当てた参加者に4万ドルの賞金が贈られる。

 気球は12月5日の午前10時から午後4時まで設置され、参加者は14日までに気球の緯度と経度を提出しなければならない。気球はいずれも、誰でも訪れられる場所に設置される。

 参加者は10日の間に気球の位置を特定するために、インターネットで情報を集めたり、仲間を見つけて協力する必要がある。DAPRAはこのゲームの目的として、「広範にわたりスピードを要する問題を解決するのに必要なタイムリーなコミュニケーション、広い地域にわたるチームの結成、緊急動員において、インターネットとSNSが演じる役割を研究する」ことを挙げている。

 DARPAは12月1日からNetwork ChallengeのWebサイトで参加者の登録を受け付ける。国籍・居住地に関係なく誰でも参加可能だ(ただし、米政府機関の職員とその家族は除く)。
なんかオリエンテーリングみたいな感じですね。ところで、皆さんご存じの通り、インターネットの前身は米国防総省のDARPA(国防高等研究計画局)が開発したDARPANET(Defense Advanced Research Project Agency Network)です。そのインターネットの生みの親が、インターネットを使ったゲームを実施する。なかなか面白いと思います。

DARPA
http://www.darpa.mil/

posted by 公爵 at 09:03| Comment(0) | TrackBack(0) | NETWORK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/131897907
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。