2008年05月10日

マルチプロセッサ

マルチプロセッサ(Multi Processor、略称MP)」とは、1台のコンピュータに複数のプロセッサ(CPU)を搭載することです。複数のプロセッサで処理を分担して行うことにより、処理性能を向上させることができます。システムを複数台用意するのに比べるとプロセッサ以外の部分が共用できるためコストが安くすむというメリットもあります。ただし、マルチプロセッサをコンピュータに実装するためには、マルチプロセッサに対応したOSが必要です。

マルチプロセッサは主にサーバ用途のコンピュータに導入することが多いと思いますが、サーバアプリケーションのライセンス形態によっては、プロセッサ数によってライセンス価格が変動することがあるので導入には注意が必要です(例えばOracleのようなデータベースサーバなど)。

posted by 公爵 at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | サーバ構築技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/96276030
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。