2008年05月10日

SMP

SMP」とは「Symmetric Multiple Processor」の略で、「対称型マルチプロセッサ」と訳されます。複数のプロセッサ(CPU)によって処理を分散させるマルチプロセッサの方式のひとつで、各プロセッサに処理を均等に割り当てる方式のことです。

【SMPの処理イメージ】
[プロセッサ1]OSの処理、DBの処理、Webの処理、APの処理
[プロセッサ2]OSの処理、DBの処理、Webの処理、APの処理
[プロセッサ3]OSの処理、DBの処理、Webの処理、APの処理
[プロセッサ4]OSの処理、DBの処理、Webの処理、APの処理

なお、当然のことですが、SPMなどのマルチプロセッサをコンピュータに実装するためには、マルチプロセッサに対応したOSが必要です。

posted by 公爵 at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | サーバ構築技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/96276492
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。