2009年11月18日

北海道庁の違法コピー再発防止策

先日発覚した北海道庁でコンピュータ・ソフトウェアの違法コピーが使われていた問題で、北海道庁が再発防止策を発表しました。

HBC NEWSi 2009年11月17日(火)19:00
道・違法コピー 再発防止を
http://news.hbc.co.jp/11171904.html
道庁で、パソコンソフトが違法にコピーされていた問題です。

道は再発防止に向け、今後、職員が違法コピーした場合、個人の責任を問うことも検討することにしました。

道庁内のパソコンで、職員が市販のソフトを違法にコピーし、業務に使っていた問題…その数は、4739本に上ります。

職員がマイクロソフト社などから正規にソフトを購入した後、何台ものパソコンにインストールしていました。

道の調査に対して職員は「職場で購入したソフトは、職場の中なら何度でもコピーしていいと思っていた」と話しているということです。

また、17日に開かれた対策会議では、これまで判明していたマイクロソフト社など、2社以外にも、複数の社のソフトを違法にコピーしていたことも新たに報告されました。

道は今後、許可されたソフトウェア以外は、パソコン上で作動できないようなシステムの導入なども検討することにしています。

また、マイクロソフト社製の4000本のうち、今後も使用する3200本分に関して、およそ1億4000万円のライセンス料を支払い、26日に開会する定例道議会に予算案を提出する方針です。
再発しないよう、しっかり管理して欲しいものです。

ソフトウェアの違法コピーは、ソフトウェア会社が本来得られる利益を侵害し、優良なソフトウェア開発を阻害します。利益が得られないのに誰がどうしてソフトウェアを開発するのでしょうか? 皆さんも、働いたのにお金を貰えなければ嫌になるでしょう。ちょっと考えれば分かることです。ですから、軽い気持ちでソフトウェアを違法コピーして使うことは止めて頂きたいと思います。そして、ソフトウェアの違法コピーを見付けたら、以下のWebサイトで通報しましょう!

社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)
不正コピー情報ポスト
http://www2.accsjp.or.jp/piracy/

ビジネスソフトウェアアライアンス(BSA)
情報提供について
http://www.bsa.or.jp/enforcement/provide.html

posted by 公爵 at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月15日

北海道庁がソフトウェアを違法コピー

北海道庁がソフトウェアを違法コピーして使用していたことが発覚しました。その数4,700本! 北海道庁は1億4千万円でソフトウェアを正規購入することになったそうです。

NHKニュース 11月14日 5時8分
北海道庁 ソフトが違法コピー
http://www3.nhk.or.jp/news/k10013781561000.html
北海道庁は、職員が使っているパソコンソフト4700本余りが違法にコピーされたものだったことがわかり、今後、コピーされたものを消去し、およそ1億4000万円を支払って新たにソフトを購入することになりました。
北海道庁は、コンピューターソフトの製作会社からの問い合わせを受けて、職員が使っているパソコン、およそ2万4000台のソフトが正規に購入されたものかどうか調べてきました。その結果、職員が使っているソフト4700本余りが違法にコピーされたものだったことがわかりました。このため、北海道庁はソフトの製作会社と賠償方法について調整を行ったところ、このうちおよそ3000本についてはコピーされたものを消去し、およそ1億4000万円を支払って新たにソフトを購入することで合意しました。しかし、別の製作会社との間ではまだ対応について調整がついていないうえ、すべてのソフトが調べきれていないことから、今後、さらに支払う額が増える可能性があるということです。北海道庁は、ほかにもソフトの違法コピーがないか調べるとともに、職員に対して再発防止を徹底することにしています。
北海道庁、最低ですね。今回は北海道庁がソフトウェア会社からソフトウェアを正規購入して和解のようですが、本来ならばソフトウェア会社から損害賠償を請求されてもおかしくありません。北海道庁には猛省を促します。

ソフトウェアの違法コピーは、ソフトウェア会社が本来得られる利益を侵害し、優良なソフトウェア開発を阻害します。利益が得られないのに誰がどうしてソフトウェアを開発するのでしょうか? 皆さんも、働いたのにお金を貰えなければ嫌になるでしょう。ちょっと考えれば分かることです。ですから、軽い気持ちでソフトウェアを違法コピーして使うことは止めて頂きたいと思います。そして、ソフトウェアの違法コピーを見付けたら、以下のWebサイトで通報しましょう!

社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)
不正コピー情報ポスト
http://www2.accsjp.or.jp/piracy/

ビジネスソフトウェアアライアンス(BSA)
情報提供について
http://www.bsa.or.jp/enforcement/provide.html

posted by 公爵 at 06:16| Comment(0) | TrackBack(1) | ソフトウェア開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月06日

Java最新版リリース

JRE(Java SE Runtime Environment)とJDK(Java SE Development Kit)の深刻な脆弱性に対処した最新版「JRE/JDK 6 Update 17」がリリースされました。

ITmedia エンタープライズ 2009年11月05日 08時11分
Javaの更新版リリース、多数の脆弱性を解決
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0911/05/news027.html
 Javaの最新版となる「JRE/JDK 6 Update 17」が公開された。
 米Sun Microsystemsは、Java SE Runtime Environment(JRE)とJava SE Development Kit(JDK)の深刻な脆弱性に対処した最新版「JRE/JDK 6 Update 17」を公開した。

 Sunのリリースノートなどによると、Update 17では任意のコード実行やサービス妨害(DoS)攻撃、情報流出などを招く恐れのある脆弱性を多数修正した。また、セキュリティ問題以外にも複数のバグを修正している。
Javaの最新版は以下のWebサイトからダウンロードすることが出来ます。

サン・マイクロシステムズ Javaテクノロジ
http://jp.sun.com/java/

posted by 公爵 at 03:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月31日

スーパーリロード

スーパーリロード」とは、Webブラウザのキャッシュを無視して、Webサイトから最新のデータを読み込む機能です。

通常、Webブラウザで表示したWebサイトをリロード(再読込、最新の状態に更新)して再表示する時は「F5」キーを押しますが、これだと、Webブラウザのインターネット一時ファイルにあるキャッシュの内容を表示する可能性があります。Webブラウザでエラーページを表示してしまった時、その後、何度「F5」キーを押してリロードしても暫くエラーページが表示され続けるのはこのためです。一方、「スーパーリロード」は、Webブラウザのインターネット一時ファイルにあるキャッシュを無視して、Webサイトから直接最新のデータを読み込んで、表示することが出来ます。

この便利な「スーパーリロード」のやり方は簡単。WebブラウザがMicrosoft Internet Explorerの場合は、「CTRL」キーを押下しながら「F5」キーを押下するだけです。「CTRL」+「F5」。ご活用下さい。

posted by 公爵 at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月24日

中国で早くもMicrosoft Windows 7の海賊版!

10月22日に一般向けパッケージが発売されたばかりのマイクロソフト社の新OS「Microsoft Windows 7」ですが、早くも中国で海賊版が出回っているそうです。

NIKKEI NET(日経ネット) 10月20日 8:51
ウィンドウズ7、早くも海賊版 中国、110円で販売も
http://it.nikkei.co.jp/pc/news/index.aspx?n=AS1D19074%2019102009
 米マイクロソフト(MS)が22日に世界で発売するパソコン用の新型基本ソフト(OS)「ウィンドウズ7(セブン)」の海賊版が既に中国で売られている。最も安い商品でわずか8元(約110円)。正規版の中国での定価399元の2%程度にすぎない。

 北京市中関村。パソコン販売店が密集するビルにセブンの海賊版DVDが並ぶ。価格は8〜20元で10元の商品が最も多い。MSが中国で利便性などを試験するために配布したベータ版などを基に作られたようだ。北京、上海、広州などで8月から大量に売られている。

 中国で販売されるソフトの8割が海賊版とされ、08年のソフト産業の被害額は6000億円との試算もある。正規版の高価格が海賊版を生むとの指摘から、MSは中国でセブンの価格を他国より安く設定した。
困った国、困った民度ですね。

posted by 公爵 at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Microsoft Windows 7が米国でも発売

日本では10月22日に一般向けパッケージが発売されたマイクロソフト社の新OS「Microsoft Windows 7」ですが、時差の関係で米国では本日から発売になったようです。

NIKKEI NET(日経ネット) 10月23日 11:01
米マイクロソフト、本国でも「セブン」発売
http://it.nikkei.co.jp/pc/news/index.aspx?n=AS2M2300E%2023102009
 パソコンソフト世界最大手の米マイクロソフトは22日、地元の米国でも新型基本ソフト(OS)「ウィンドウズ7(セブン)」を発売した。ニューヨーク市内で開いた発売イベントでスティーブ・バルマー最高経営責任者(CEO)は「今日はコンピューター産業にとって重要な一日だ」と意気込みを示した。

 CEOはセブンについて「3000人のエンジニア、5万社のパートナー、800万人の試行版ユーザーの協力の結晶だ」と強調。高機能過ぎて動作が遅く、ユーザーの不評を買った先代OS「ビスタ」とは異なり、「あらゆる部屋、あらゆる場面、あらゆるユーザーのためのセブンに仕上げた」として使い勝手の良さをアピールした。

 マイクロソフトは22日に全世界でセブンを一斉に売り出したが、時差の関係で主要市場では日本が最初となり、米国は最後となった。
Microsoft Windows 7、使い易いOSだといいですね。

posted by 公爵 at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月23日

Microsoft Windows 7発売!

昨日10月22日にマイクロソフト社の新OS「Microsoft Windows 7」の一般向けパッケージ販売が開始されました。

PC Watch 2009年10月22日
マイクロソフト、Windows 7一般向け発売記念記者発表会
〜ウルトラセブンとウルトラマンゼロも登場

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20091022_323630.html
 マイクロソフト株式会社は22日、新OS「Windows 7」の一般向けパッケージを発売開始。これにあわせて記者発表会を都内で開催した。

 冒頭では、同社代表執行役の樋口泰行社長が挨拶。「いよいよ待ちに待ったWindows 7、本日未明のDSP版発売を皮切りに、9時には店頭やオンラインショップでリテールパッケージも販売開始した。世界同時発売ではあるが、時差の関係で日本が一番早く発売されることとなった」とした。

 過去のWindows 7の予約実績を振り返って同氏は、「Windows 7はこれまでにない予約販売という方法をとり、6月より実施してきたが、予約本数では既にWindows Vista発売後3カ月分に相当する数量を販売できた。予約の段階でこれだけ売れているということは市場からの期待を反映するものであり、この厳しい経済状況の中、起爆剤になるものと期待している」と語った。

 IDCの予測によれば、2010年末までに全世界で1億7,700万本以上、そして日本で1,000万本のライセンスの出荷を予測している。また日本におけるインストールベースでは、すでに3,400万台以上のPCがWindows 7にアップグレード可能であり、3,600万台以上のPC本体ごとの買い換え需要があるという。さらに、日本におけるWindows 7のエコシステムの形成で、2兆3,000億円以上の経済効果が見込めるといい、「我々のWindows 7で少しでも経済の活性化に繋げていければ良いと思っている」と述べた。

●AmazonでのWindows 7の予約はハリー・ポッターを上回る

 続いて、米国本社から来日したWindows and Windows Live Division, President, Steven Sinofsky(スティーブン・シノフスキー)氏が、Windows 7の特徴を紹介した。

 同氏はまず、Windows 7の開発や販売に携わったパートナー各社に謝意を表すとともに、AmazonでのWindows 7の予約実績を挙げ、「Windows 7は、Amazonでのソフトの販売としては史上最高を記録し、ハリー・ポッターを上回った。これはパートナー各社の協力を得て達成したものであり、深く感謝したい」と語った。

 Windows 7の開発に関しては、とにかく多くのユーザーの声を取り入れたという。「我々は世界のユーザーに何万回ものインタビュー、何万時間にも及ぶ利用実態調査、800万人以上のベータ/RCテスターのフィードバック、そして日本においては650人以上のローカライズスタッフの協力を得てWindows 7を完成させた。Windows 7は何よりユーザーの声を反映したOSである」と強調した。

 続いて、「あなたとPCに、シンプルな毎日を。」と題された、ユーザーからのメッセージを編集したビデオを上映し、Windows 7がユーザーサイドに立って開発されたことをアピールした。

 パートナー各社との協力については、「メーカー各社に、Windows 7を搭載したプレミアムなPCを製作してもらった」とする。その一例として、いずれも1秒〜3秒程度でサスペンドから復帰するCULV CPU搭載のノートPC、マルチタッチに対応した一体型PC、そして軽量薄型でありながらもWindows 7 Starterではないエディションを搭載したVAIO Xなどを手に取って紹介した。

 Windows 7が提供する新たな機能としては、Windows Touchによる直感的なタッチ操作、Media Centerの国内デジタルTVの標準サポートやTVとの連携操作、環境を超えたプリンタやファイル共有など挙げ、これらをWindows 7の特徴であると位置づける。

 さらに、Windows LiveもWindows 7の機能を補完するもであるとし、ブログサービスやフォト共有サービス、Hotmailなどが無償提供されることにより、Windows 7が完全にその機能を発揮できるとした。

 実際にWindows 7を利用したデモとしては、Windows Media Centerで3波デジタルTV放送が観られること、LoiLo Touchによる直感的な動画編集や将棋ソフトの操作、デバイスステージによるデバイス管理の一貫性、そしてWindows Media PlayerのTVへファイルを出力再生する機能や、Windows Mobile端末からWindows 7のMedia Playerを操作できることなどを紹介し、Windows 7の利便性を訴求した。

 最後に、樋口社長が壇上に戻り、「シノフスキー氏もアピールしたが、Windows 7はユーザーの声を反映して開発した製品であり、Vistaと比較すると製品の出来映えが大きく変わった。深夜販売でパートナー各社に聞いてみると、Vistaとは明らかに異なる、継続的に販売できる手応えを感じている。週末(24日/25日)には秋葉原でイベントも開催するので、その時またユーザーの皆様に来ていただいて、Windows 7を体験してもらいたい」と語った。

 発表会後には、パートナー25社が一斉に登壇し、Windows 7の一般向け発売を記念した鏡割りを行ない、会場を盛り上げた。また、隣の会場で開催された懇親会では、“セブン”にかけたウルトラセブンとウルトラマンゼロが登場。マイクロソフトの幹部たちとのフォトセッションを開き、会場を盛り上げた。
@IT 2009/10/22
予約本数だけでVistaの3カ月分
Windows 7が発売開始、樋口社長は初速に自信

http://www.atmarkit.co.jp/news/200910/22/win.html
 2009年10月22日、予定通りマイクロソフトの最新OS、「Windows 7」の発売が始まった。時差の関係で各国に先駆けての発売開始となった22日未明、秋葉原などで行われた深夜の発売イベントに自ら顔を出したマイクロソフト代表執行役社長の樋口泰行氏は「想定以上の盛り上がり。手応えを感じている」と新OSの船出に自信を見せる。

 これまでに2度行った先行予約販売では「予約本数はすでにVistaの3カ月分を超える本数」(樋口社長)となっており、Amazonではハリーポッターを超える記録的な予約スピードとなっているという。

 発売に合わせて来日したWindowsビジネス全体を統括する米マイクロソフト プレジデントのスティーブン・シノフスキー氏は、改めてWindows 7の強みについて「シンプルさ」「デジタルテレビ対応」「ホームネットワーク」の3点を強調。UI改善やレジューム復帰速度の向上など頻繁に行う作業についての操作性向上に加え、テレビや周辺機器との接続がより容易になっているとした。
我が家のPCは未だに「Microsoft Windows 2000 Professional」です。極めて安定しており、全く不満を感じておりませんが、そろそろバージョンアップしないといけませんね。

posted by 公爵 at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月07日

Ruby開発者のまつもと氏が松江名誉市民に!

プログラミング言語「Ruby」を開発したまつもとゆきひろ氏が松江名誉市民に選ばれたそうです!

NIKKEI NET(日経ネット):地域経済ニュース 10月7日
ルビー開発者のまつもと氏を松江名誉市民に
http://www.nikkei.co.jp/news/retto/20091006c6b0601w06.html
 松江市は6日、プログラミング言語「Ruby(ルビー)」を開発したまつもとゆきひろ(本名・松本行弘)氏を名誉市民に選んだ。ルビーが国内外のIT(情報技術)業界から注目を集め、市内にソフトウエア会社が進出するなどまちづくりに貢献している点を評価した。同市が名誉市民に現役の人を選ぶのは異例で「ルビーのまち」として市をPRする狙いもありそうだ。

 まつもと氏は大阪府出身。97年に松江市内のソフト会社に転職して市民になった。現在44歳で最年少での選定。市では「企業進出につながるなど既に大きな功績があるほか、今後も全世界に松江から情報発信してほしいとの期待を込めた」(総務部)と話している。

 今回、名誉市民に選んだのはまつもと氏と人間国宝の紙すき職人、安部栄四郎氏と前市長の宮岡寿雄氏。選定は05年の市町村合併後では初めて。合併前には小説家の小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)ら21人を選んでいる。
おめでとうございます!

posted by 公爵 at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月02日

中国が日本にIT強制認証について理解を求める(笑)

中国が日本に対し、中国で販売する「IT製品の強制認証制度導入」について理解を求めたそうです(笑)。「IT製品の強制認証制度導入」と言うと何のことだか分からないと思いますが、要は「プログラムのソースコードを全て公開しろ!」と言うことです。

Yahoo!ニュース −時事通信− 6月2日16時25分配信
IT強制認証、理解求める=日本との経済対話で−中国商務相
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090602-00000116-jij-int
 【北京2日時事】7日から東京で開かれる日中ハイレベル経済対話を前に、中国の陳徳銘商務相は2日、両国メディアを対象に記者会見を開き、日本側が強く懸念しているIT(情報技術)セキュリティー製品の強制認証制度導入について、各国の懸念に配慮して導入を1年延期したことや、政府調達に限定する方針を重ねて説明した。
 日本側は経済対話で、この問題を優先して取り上げる見通しだが、同相は「最大の誠意をもって協議し、問題解決に努めたい。日本側も客観的な態度で対応してほしい」と語った。ただ、政府調達の範囲が不透明だとの質問に対しては明確な回答を避けた。
世界一知的財産が守られない、世界一のセキュリティ・ホールである中国が何を言っているんでしょう(笑)。日本もこんな馬鹿な議論にいつまで付き合っているんでしょうね。いい加減、「馬鹿め!」と言ってやれ!って感じです。

posted by 公爵 at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月31日

ABEND

ABEND(アベンド)」とは「Abnormal End」の略語で、「異常終了」を意味する言葉です。プログラムのバグなどの障害によって実行中の処理が中断され、通常の状態では終了されなくなることを意味します。オープン系システムでも一般的な言葉になっておりますが、元々はメインフレーム(汎用機)で使われていた用語であるそうです。

posted by 公爵 at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

BIOS

BIOS(バイオス)」とは「Basic Input/Output System」の略語で、コンピュータに接続されたディスクドライブ、キーボード、ビデオカードなどの周辺機器を制御するソフトウェアのことを意味する用語です。周辺機器に対する基本的な入出力手段をOSやアプリケーションソフトに対して提供することからこう呼ばれます。パソコンではマザーボード上に装着されたフラッシュメモリなどの不揮発メモリに記録されており、最新の内容に更新することが可能となっています。なお、「BIOS」は「Basic Input/Output System」を直訳して「基本入出力システム」とも呼ばれます。

posted by 公爵 at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

EOL

EOL」とは「End of Line」の略語で、行末を意味する言葉です。

posted by 公爵 at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

EOF

EOF」とは「End of File」の略語で、ファイルの終端を意味する言葉です。

posted by 公爵 at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

BOF

BOF」とは「Begin of File」の略語で、ファイルの先頭を意味する言葉です。

posted by 公爵 at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月10日

NC

NC」とはかつてNetscape Communications社が提供していた統合インターネットクライアントソフトウェア「Netscape Communicator」の略語です。「Netscape Communicator」は、Webブラウザの「Netscape Navigator」に、電子メールソフトの「Netscape Messenger」、NNTPクライアントの「Netscape Collabra」、HTMLエディタの「Netscape Composer」、プッシュ配信クライアントの「Netcaster」を統合したものです。

なお、Netscape Communications社はMicrosoft社とのWebブラウザシェア争奪戦に負けて経営が傾き、1998年にAOL(現AOL Time Warner)に買収されました。

<公爵の独り言>
もう使っている人も少ないでしょうね・・・。

posted by 公爵 at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NE

NE」とはかつてNetscape Communications社が提供していたWebブラウザ「Netscape Navigator」の略語です。日本語での通称は「ネスケ」と呼ばれておりました。

なお、Netscape Communications社はMicrosoft社とのWebブラウザシェア争奪戦に負けて経営が傾き、1998年にAOL(現AOL Time Warner)に買収されました。

<公爵の独り言>
もう使っている人も少ないでしょうね・・・。

posted by 公爵 at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

IE

IE」とはMicrosoft社が提供しているWebブラウザ「Internet Explorer」の略語です。なお、バージョン6までの正式名称は「Microsoft Internet Explorer」で、バージョン7以降の正式名称は「Windows Internet Explorer」であるそうです。

<公爵の独り言>
超有名ですから知らない人はいないでしょうね。でも、正式名称がバージョンによって変わっていたのは知りませんでした。


posted by 公爵 at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

iWS

iWS」とは「iPlanet Web Server」の略称で、かつて「iPlanet」が提供していたWebサーバ製品のことを意味する用語です。

なお、「iPlanet」とは、AOL Time Warnerに買収された「Netscape Communications社」と、「Sun Microsystems社」との共同プロジェクトのことで、「iPlanet」は現在、Sun Microsystems社の「Sun ONE」ブランドに統合されています。

<公爵の独り言>
Netscape Communications社」はAOLに買収され、「iPlanet」ブランドは「Sun ONE」ブランドに統合。そして「Sun Microsystems社」はOracle社に買収される。IT業界は正に「一寸先は闇」ですね。

posted by 公爵 at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

iAS

iAS」とは「iPlanet Application Server」の略称で、かつて「iPlanet」が提供していたアプリケーション・サーバ製品のことを意味する用語です。

なお、「iPlanet」とは、AOL Time Warnerに買収された「Netscape Communications社」と、「Sun Microsystems社」との共同プロジェクトのことで、「iPlanet」は現在、Sun Microsystems社の「Sun ONE」ブランドに統合されています。

<公爵の独り言>
Netscape Communications社」はAOLに買収され、「iPlanet」ブランドは「Sun ONE」ブランドに統合。そして「Sun Microsystems社」はOracle社に買収される。IT業界は正に「一寸先は闇」ですね。

posted by 公爵 at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NES

NES」とは「Netscape Enterprise Server」の略称で、かつてNetscape Communications社が提供していたインターネットサーバソフトウェアのことを意味する用語です。なお、Netscape Communications社はMicrosoft社とのWebブラウザシェア争奪戦に負けて経営が傾き、1998年にAOL(現AOL Time Warner)に買収されました。

<公爵の独り言>
私がIT業界に就職して初めて使ったWebサーバが「NES(Netscape Enterprise Server)」でした。懐かしい・・・。

posted by 公爵 at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。