2008年05月06日

アドオン開発

情報システムの世界で言う「アドオン開発」とは、既存の業務パッケージの標準機能だけでは実現できない機能を拡張機能、追加機能として設計・開発することを指します。

例えば、Oracle E-Business SuiteSAP/R3といったERPパッケージを導入する時に、導入する会社の業務が標準機能だけでは実現できない場合などに「アドオン開発」を行って機能追加やカスタマイズなどを行ったりします。

なお、業務パッケージの「アドオン開発」を行う場合には、その業務パッケージが「アドオン」に対応している必要があります。



posted by 公爵 at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スクラッチ開発

情報システムの世界で言う「スクラッチ開発」とは、コンピュータソフトウェアの開発を特定の業務パッケージ等を使用することなく、一から設計・開発することを指します。一般的にシステム開発と言えば「スクラッチ開発」を指すと考えて良いと思います。

posted by 公爵 at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PDF

PDF」とは「Portable Document Format」の略で、Adobe Systems社によって開発された電子文書のためのフォーマットのことです。PDF文書ファイルの拡張子は「pdf」であることがほとんどです。なお、PDF文書の作成にはAdobe Systems社のAdobe Acrobatというソフトウェアが、表示にはAdobe Reader(Adobe Acrobat Reader)というソフトウェアが必要ですが、Adobe Acrobat以外にもPDF文書が作成できるソフトウェアがあるそうです(OpenOffice.orgとか)。興味のある方は調べてみて下さい。

私が関わってきたプロジェクトでPDFを活用したのは、主に顧客に対する障害調査報告書の送付です。元になる障害調査報告書はMicrosoft Wordで作成するのですが、Microsoft Wordで作成したドキュメントは後から簡単に改竄できてしまうので、そのまま顧客に送付するのは問題があります。ですのでMicrosoft Wordで作成したドキュメントはPDFに変換して内容を改竄されないようにしてから、パスワード付きZIPで圧縮してから電子メールに添付して送付しておりました。

posted by 公爵 at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CSV

CSV」とは「Comma Separated Values」または「Comma Separated Variables」の略で、いくつかのフィールド(項目)をカンマ「,」で区切ったテキストデータおよびテキストファイルのことを指します。「カンマ区切り」とも呼ばれます。

CSV形式のファイルはノーマルのテキストファイルなので、様々なアプリケーションソフト間でのデータの遣り取りに利用されています。例えば、データベースソフトAの表データをCSV形式のファイルに保存して、別のデータベースソフトBでそのCSV形式のファイルを読み込んで、データベースのレコードを追加したりすることが可能です。または、Microsoft Excelで作成したデータをCSV形式のファイルに保存して、そのファイルをMicrosoft Accessに読み込ませてデータベースのレコードを追加したり、逆にMicrosoft Accessから抽出したデータをCSV形式のファイルに保存して、そのファイルをMicrosoft Excelで開いて見栄えのする表に編集したりします。

posted by 公爵 at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月04日

SDK

SDK」とは「Software Development Kit」の略で、直訳すれば「ソフトウェア開発キット」、要はソフトウェア技術者が使用する開発ツールのセットのことを意味します。

<公爵の独り言>
まぁ、常識ですが・・・。

posted by 公爵 at 14:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月25日

8進数

8進数」とは、簡単に言うと、8以上数が増えると位が繰り上がる数の表記方法のことです。コンピュータの世界(特にプログラミング)でよく使われる表記方法で、「0〜7」の数字で表されます。10進数を8進数で表記すると以下のようになります。
10進数:8進数
0:0
1:1
2:2
3:3
4:4
5:5
6:6
7:7
8:10
9:11
10:12
11:13
12:14
13:15
14:16
15:17
16:20
17:21
18:22
19:23
20:24
21:25
22:26
23:27
24:30
25:31
26:32
27:33
28:34
29:35
30:36
31:37
32:40
33:41
34:42
35:43
<公爵の独り言>
私は2進数と16進数は多少使ったことがありますが、8進数はほとんど使ったことがありませんね。なお、Windows付属の電卓を関数電卓モードにすると、簡単に10進数と8進数の変換が出来ます。是非お試し下さい。

posted by 公爵 at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

16進数

16進数」とは、簡単に言うと、16以上数が増えると位が繰り上がる数の表記方法のことです。コンピュータの世界(特にプログラミング)でよく使われる表記方法で、「0〜9」の数字と「A〜F」のアルファベットで表されます。10進数を16進数で表記すると以下のようになります。
10進数:16進数
0:0
1:1
2:2
3:3
4:4
5:5
6:6
7:7
8:8
9:9
10:A
11:B
12:C
13:D
14:E
15:F
16:10
17:11
18:12
19:13
20:14
21:15
22:16
23:17
24:18
25:19
26:1A
27:1B
28:1C
29:1D
30:1E
31:1F
32:20
33:21
34:22
35:23
<公爵の独り言>
Windows付属の電卓を関数電卓モードにすると、簡単に10進数と16進数の変換が出来ます。是非お試し下さい。

posted by 公爵 at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2進数

2進数」とは、簡単に言うと、2以上数が増えると位が繰り上がる数の表記方法のことです。コンピュータの世界(特にプログラミング)でよく使われる表記方法で、数字の「0」と「1」のみで表されます。10進数を2進数で表記すると以下のようになります。
10進数:2進数
0:0
1:1
2:10
3:11
4:100
5:101
6:110
7:111
8:1000
9:1001
10:1010
11:1011
12:1100
13:1101
14:1110
15:1111
16:10000
17:10001
18:10010
19:10011
20:10100
21:10101
22:10110
23:10111
24:11000
25:11001
26:11010
27:11011
28:11100
29:11101
30:11110
31:11111
32:100000
33:100001
34:100010
35:100011
<公爵の独り言>
Windows付属の電卓を関数電卓モードにすると、簡単に10進数と2進数の変換が出来ます。是非お試し下さい。

posted by 公爵 at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ソフトウェア開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月07日

ERP

ERPとは「Enterprise Resource Planning」の略で、企業の経営資源(生産、販売、在庫、購買、物流、会計、人事、給与など)を統合的に管理し、最適に配置・配分することで効率的な経営活動を行う経営手法・コンセプトを意味します。一般に「企業資源計画」あるいは「経営資源計画」と訳されます。

また、ERPを実現するためのERPパッケージのことも単にERPと呼ぶことがあります。主なERPパッケージとしては、SAP社の「SAP/R3」、Oracle社の「Oracle E-Business Suite 11i」などがあります。

posted by 公爵 at 15:24| Comment(0) | TrackBack(1) | ソフトウェア開発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。